CONCEPT

“打ちやすさ”をカタチにしました 。

ブリヂストンは「ブリヂストンラケット スマートフィッティング」により、
のべ2000人以上の国内テニスプレーヤーのスイング解析を行ってきました。
このデータを基に一般競技者からスクールプレーヤーまで幅広い層のユーザーに向けて開発したのがBEAM-os。
“打ちやすさ”を追求した高反発、高コントロールの新シリーズです。

■クラブ・スクールプレーヤーの声、意識

「“打ちやすい”ラケットを探していませんか?」

■ブリヂストンのスイング解析による分類

ラケット面を大きく返さず、押し出すイメージのスイングタイプの方 ブリヂストンラケット スマートフィッティング受診者の内、
約50%のプレーヤーがこのゾーンに当てはまります。

そもそも……
“打ちやすい”ラケットって?
思い通りの軌道のボールを、違和感のない打球感で
数多く打つことができるラケットです。
思い通りの軌道って?
しっかりしたスピードで、イメージ通りにネット上を通り、相手コートの狙った所に落とすこと。
違和感のない打球感って?
余計な振動がなく、衝撃が少ないこと。
思い通りのボールを数多く打つためには?
多少オフセンターヒットしても飛んでくれる、返ってくれること。

BEAM-os Series

■BEAM-osと当社従来品(100inch²中厚)で実打比較

テスター
週1~2回のクラブプレーヤー、男性
状 況
離れた所に打たれたボールを走りながらショット(打点がバラツキやすい状況)

■契約プロ評価コメント

  • 茶圓 鉄也プロ

  • 神尾 米プロ

コメントは個人の感想です。