Technology & Report

新ブレード素材 『INTEGRATED B-CARBON』

面安定性能、コントロール性能、スピン性能を向上させるため
太さと強度が異なるカーボンを編みこんだ前作搭載の「VX-30B」カーボン。
さらに、質量を高め、強靭さとしなやかさを高いレベルで融合させるため、
グラスファイバー系素材を加え編みこんだのが
新ブレード素材『INTEGRATED B-CARBON』。
※INTEGRATED: 融合した、完成された

30Tカーボン 24Tカーボン  グラスファイバー しなやかさ(変形率):130%アップ ※前作搭載のVX-30B比 強靭さ(単位荷重):107%アップ ※当社C+G比

V1 SERIES

薄型ボックスタイプ X-BLADE VI 310/305/295

フェースサイド 2-5時部に搭載

シャフト部のしなりを高め、ホールド感を向上

  • コントロール性能UP
  • パワーUP

より直線的に推進力のあるパワーボールを実現

VI-R SERIES

中厚ラウンドタイプ X-BLADE VI-R 300/290/275

シャフト部に搭載

フェース部とシャフト部の剛性を向上

  • スピン性能UP
  • 打ち出し角度UP

より高い弾道でパワーのある力強いスピンを実現

フレーム形状

VX-Bow Structure〈薄型ボックスタイプ〉

ボックス形状でありながらフレームの角を削り、振り抜きを向上させた
攻撃型ボックス形状

VX-Shield Structure〈中厚ラウンドタイプ〉

フレームの内側は直線型、外側は曲線型の形状により、強さとスピード感を融合させた
ハイブリッド中厚ラウンド形状

シンセティックレザーグリップ

競技者が求めるグリップの角を感じ、柔らかすぎない素材を全品番に採用。
ナチュラルレザーの風合いがあるシンセティックレザー(合成皮革)。

X-BLADE VI310 VI 305 VI 295 ブラック
X-BLADE VI-R 300 VI-R 290 VI-R 275 ホワイト

グロメットホールの向きをストリング方向に合わせることで、ストリングの稼働域を
10%拡大。スイートエリアも拡大し、スピン性能も向上。

ボールの打球感は残しつつ、余計な微振動だけを取り除き、繊細なコントロールを追求。また、エンドキャップ一体型により競技者のハードヒットにも対応する耐久設計。

実打評価

1.契約プロコメント

【福井 烈】

ボックスタイプのVIは、前作よりしなりを感じられボールを掴んで飛んでくれます。ラウンドタイプのVI-Rはフェース面の安定感が向上し安心して振っていけます。どちらも打感がマイルドでそれぞれのプレーヤーが使いやすさを実感していただけると思います。新作のVIシリーズはこれまでのX-BLADEを極めた完成形と言えるラケットです。

【菊池玄吾】VI-R 300プロトタイプ使用予定

ラケットにパワーを感じられ、スピンも良くかかります。ハードヒットした時のブレがないので安心して振っていけます。このラケットを武器に戦うのが楽しみです。

【青山修子】VI-R 300プロトタイプ使用予定

非常に気に入ってます。外国人選手とのストロークでも打ち負けないパワーと安定感があります。是非みなさんに使ってほしいラケットです。

【神尾 米】VI 295使用予定

ラケットがしなる感じが前作以上に高まり、打感もマイルド。振りぬきも良く、楽に飛んでくれます。早い球に対してもブレが少ないし、ボレーのフィーリングも良い。まさにオールラウンドなラケットですね。

2.一般競技系プレーヤー実打評価

※大学体育会部員による試打評価:各項目5点満点、当社前モデルを「3.0」とし評価