プロスタッフ

  • 福井 烈
    1957年6月22日生まれ
    福岡県北九州市出身
    小学校5年生の頃、兄 雄治氏の影響でテニスを始める。本格的に取り組んだ中学より優れた才能をあらわし、名門柳川商業高校(現柳川高校)時代は、インターハイ3連覇を含む169連勝という記録をうちたてた。
    その後2年間アメリカ留学、帰国後は学生タイトルを総嘗めにし、77年史上最年少(当時)の20歳で全日本のチャンピオンとなる。
    続けて78年、79年と3連覇の偉業を達成し、華々しくプロテニス界にデビュー。
    正確なストロークと軽快なフットワークでベースラインを守り、チャンスを見てはネットに出るオールラウンドプレーヤーとして活躍し輝かしい戦績を収めた。
    92年より5年間デ杯監督を務め、その後(公財)日本テニス協会常務理事、JOC(日本オリンピック委員会)常務理事に就任。
    現在は「スポーツは人の心を動かし、国を元気にする!」をモットーに、全国各地のスポーツイベントに奔走し、テニスはもとより多くの人にスポーツの楽しさを味わってもらうべく奮闘中。

    ・全日本選手権シングルス優勝7回の史上最多記録保持者
    ・デビスカップシングルス史上最多勝利27勝
    ・(公財)日本テニス協会 専務理事
    ・(公財)日本テニス協会 オリンピック準備委員会 委員長
    ・(公財)日本オリンピック委員会 常務理事
    ・(公財)日本オリンピック委員会 選手強化本部副本部長
    ・(公財)日本オリンピック委員会 東京2020戦略特別専門部会長
    ・スポーツ庁参与
    ・味の素ナショナルトレーニングセンター 副センター長
    ・北九州市スポーツ大使
    ・四日市市観光大使
  • 福井 烈

データ

  • 1973~1975年
  • 全国高校総体(インターハイ) 団体、シングルス、ダブルス優勝
  • 1978年
  • 全日本学生選手権 シングルス、ダブルス優勝
  • 1978~1987年
  • 10年連続デビスカップ日本代表選手
    デビスカップシングルス史上最多出場(39試合)
  • 1979~1987年
  • 9年連続全日本ランキング男子シングルス1位
  • 1992~1996年
  • デビスカップ監督
  • 1992~1998年
  • JOC(日本オリンピック委員会)専任コーチ
  • 1992年
  • バルセロナオリンピック日本チーム監督
  • 1996年
  • アトランタオリンピック日本チームヘッドコーチ
  • 2000年
  • シドニーオリンピック日本チーム監督
  • 2010年
  • ユースオリンピック日本代表選手団 総監督
  • 2011年
  • 深圳ユニバーシアード日本代表選手団 総監督
  • 2012年
  • ロンドンオリンピック日本代表選手団 本部役員